エバラ フレッシャー1300 基板 KB500

落雷による基盤の不具合


google 広告


昔に比べて夏が暑いですね。
ヒートアイランド現象も含め、夕方のスコールに似た雷雨が多くなっていると思いませんか?
今回紹介するのは落雷で損傷した基板です。
基板はエバラ:フレッシャー1300についているKP500Bという基板です。

この基板は各々接続されたセンサーを元にポンプを制御しています。
エバラ フレッシャー1300 基板 KB500
写真真ん中が損傷しているICです。
 
左下赤丸部を拡大した写真がこちら
エバラ フレッシャー1300 基板 KP500 拡大
ここに貯水槽の電極線を接続していますので、ここから電気が流れ込んだのでしょうか?

 
損傷したICを拡大
エバラ フレッシャー1300 基板 KP500 IC損傷
見事に粉砕しています。
 
弊社が呼ばれた際は、渇水警報が発報していました。状況としては水槽の渇水警報がでてポンプが停止し断水していました。

しかし水槽内は水は満タンにあり何をいじっても改善しませんでした。
夜間でしたので応急的に手動運転としました。ポンプ加熱防止のため水を少量出しっぱなしで、断水を避けました。
翌日メーカーより基板を持ってきてもらい修理実施いたしました。
 
今後はこのような雷事故も増えてくると思われます。夜間は修理代も時間もかかるので
応急対応法を業者に聞いてみても良いかもしれません

VN:F [1.9.22_1171]
記事の評価をどうぞ(該当する星をクリックすると投票になります)
Rating: 9.4/10 (11 votes cast)
落雷による基盤の不具合, 9.4 out of 10 based on 11 ratings


google 広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA