「水中ポンプ」タグアーカイブ

荏原製作所 50BMSP253.7A 2005年製

0

ステンレス水中ポンプ 荏原製作所 50BMSP253.7Aを交換しました。
撤去品の写真を掲載します。2005年製のものです。

ラインナップ

BMSP型のラインナップ

口径 50Hz 60Hz
32 32BMSP5.4A 32BMSP6.4A
32BMSP5.75A 32BMSP6.75A
32BMSP251.5A 32BMSP261.5A
32BMSP352.2A 32BMSP362.2A
32BMSP553.7A 32BMSP563.7A
40 40BMSP5.4A 40BMSP6.4A
40BMSP5.75A 40BMSP6.75A
40BMSP51.5A 40BMSP61.5A
40BMSP252.2A 40BMSP262.2A
40BMSP353.7A 40BMSP363.7A
40BMSP555.5A 40BMSP565.5A
40BMSP567.5A
50 50BMSP5.75A 50BMSP6.75A
50BMSP51.5A 50BMSP61.5A
50BMSP252.2A 50BMSP62.2A
50BMSP253.7A 50BMSP263.7A
50BMSP355.5A 50BMSP365.5A
50BMSP457.5A 50BMSP467.5A
50BMSP5511A 50BMSP5611A
65 65BMSP51.5A 65BMSP61.5A
65BMSP52.2A 65BMSP62.2A
65BMSP253.7A 65BMSP63.7A
65BMSP255.5A 65BMSP265.5A
65BMSP357.5A 65BMSP367.5A
65BMSP4511A 65BMSP4611A
65BMSP6515A 65BMSP6615A
80 80BMSP52.2
80BMSP53.7 80BMSP63.7
80BMSP255.5 80BMSP65.5
80BMSP257.5 80BMSP67.5
80BMSP3511 80BMSP2611
80BMSP4515 80BMSP2615
80BMSP3618
100 100BMSP515
100BMSP518 100BMSP618
100BMSP522 100BMSP622
100BMSP2530 100BMSP630
100BMSP2537 100BMSP637
100BMSP2545 100BMSP2645

型番

口径 形式 段数 周波数 (×10Hz) 出力 kW
50 BMSP 2 5 3.7 A

外観

床に寝かせて撮影してあります。本来は縦置き仕様のポンプですので立てて使用します。
50BMSP253.7A 本体

吸込み

パンチングステンレス4mm穴径のストレーナになっています。
吸込みストレーナ

吐出し

写真には写っていませんが付属品のフランジを使用し配管接続します。
始動する場合は水位が上面までないと始動できません。
吐出し

底面

底面

銘板 注意書き

銘板と回転方向の記載があります
銘板
注意表記があります。本ポンプは縦置き仕様です。横置きにする場合は、注文時に横置き仕様を選択しなければなりません。
注意

水中ケーブル

写真のものは切断してしまいましたが、標準で10mのケーブルがつきます。
ケーブルカバー
ケーブルホルダ
ケーブル封入部
購入は下記からどうぞ
ポンプの購入はアクア
50Hz 荏原製作所(エバラ) BMSP ステンレス 水中渦巻ポンプ
60Hz 荏原製作所(エバラ) BMSP ステンレス 水中渦巻ポンプ

0

水中ポンプの修理は可能ですか?

0

質問 水中ポンプが故障した際、修理はできますか?

水中ポンプのオーバーホールは可能ですが、検討いただきたい事項があります。

水中ポンプの修理について検討事項

ポンプの取付・取外し時の手間の費用を見込む。

修理の際は、搬出時、搬入時と2度の水槽内水抜きが必要です。工場への輸送費も必要です。

修理中の予備機

修理するポンプは工場へ運びます。その後、見積り、修理など日数を要する為、仮設ポンプが必要か?検討しなければなりません。

修理費用

引き上げたポンプについては、修理の見積りをしますが、修理できない場合や高額の場合もあります。その場合でもそれまでの費用が全て無駄となります。

水中ポンプ修理に対するメリットとデメリットの相対表
修理の場合 修理見積後にキャンセルし新品交換の場合 交換の場合
メリット 新品の為、永く使用できる。
現状復帰までの時間 時間がかかる。 もっとも時間がかかる 短時間で済む
コスト 安価にすむ場合があるが高額になる可能性もある。 もっとも高額である。 高額である。
コスト内容 取外費+工場搬送費+修理代+取付費 取外費+工場搬送費+修理見積り代+処分費+取付費+新規ポンプ代 取外費+処分費+新規ポンプ代+取付費
水槽内水抜き 2回 2回 1回
仮設ポンプ 長期必要 長期必要 短期必要(もしくは不要)

回答 金額と保証を考えると高額な機種に限ります

腐食が進んだ水中ポンプ
数十万円程度のポンプの場合は、経年劣化なども踏まえ、新規ポンプの導入をお勧めしております。
水中ポンプの場合は漏電の可能性がとても高く、電動機、ケーブル共、高い密閉性が求められます。そのため密閉性のテストなども行います。
それでも「修理後にまた故障した」「分解したけど新品以上に金額がかかる」ということが懸念されます。
本体価格が百万円を超えるような水中ポンプに関しては修理の検討も可能です。

0