サーマルスイッチの仕組み 富士電機 SW-03 TR-0N編

google ADS

※弊社ではマグネットスイッチのみの部品販売、取付はおこなっていません。
マグネットスイッチSW-03の電磁開閉器SC-03編に続き、サーマルスイッチTR-0Nを分解しました。

本体

左側から、調整ダイヤル、サーマルリセットボタン、トリップ棒(横に飛び出している白色のポッチ)
左から98-97(NO、ノーマルオープン)、95-96(NC、ノーマルクローズ)
本体正面
右面 型番などが記載されています。TR-0NQの”Q”は速動形を表します。水中ポンプなど熱容量の小さいモータの過負荷・拘束による焼損から保護します。
本体 右面
上面 電磁開閉器が接続されます。
IMG_5039
下面 2T1、4T2、6T3端子に電動機が接続されます。
IMG_5037
電動機接続端子(ネジは外してあります)
補助接点

本体内

修理の際は本体交換になりますので、通常は分解しませんが、構造を見るために分解します。
一度分解すると精度が落ちますので再使用はできません。
3ヒートエレメント タイプです。
IMG_5041

通常時

通常時

サーマル作動時

左上の白いマークが引っ込んでいます。
サーマル作動時

まとめ

モータの定格電流値にあったサーマルスイッチを用意しましょう。

※弊社ではマグネットスイッチのみの部品販売、取付はおこなっていません。

VN:F [1.9.22_1171]
記事の評価をどうぞ(該当する星をクリックすると投票になります)
Rating: 6.3/10 (8 votes cast)
サーマルスイッチの仕組み 富士電機 SW-03 TR-0N編, 6.3 out of 10 based on 8 ratings

google ADS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


この記事のトラックバック用URL

http://pump.acquainc.com/archives/2246/trackback
最近の投稿
Flickr Photo Stream
ポンプに関してのお問合せ
サイト内検索
リンク
  • ポンプの購入はアクア エバラポンプ、川本ポンプ、テラルポンプ、新明和、鶴見などポンプや部品のネットショップ ポンプの購入はアクア エバラポンプ、川本ポンプ、テラルポンプ、新明和、鶴見などポンプや部品のネットショップ
  • ポンプ交換はアクア マンション、ビル、工場のポンプ交換は全てまかせてください。給水ポンプ、排水ポンプ交換など専門的な観点よりご提案します。弊社の別サイトです。 ポンプ交換はアクア マンション、ビル、工場のポンプ交換は全てまかせてください。給水ポンプ、排水ポンプ交換など専門的な観点よりご提案します。弊社の別サイトです。
アクアtwitter

google広告スペース